【2021 GW】益子陶器市(栃木県)

益子陶器市 GWスタッフの小言

みんな大好き栃木県。毎年「益子町」で春(GW)と秋に行われている益子陶器市が、コロナの影響で昨年の春秋に続き今年も中止になってしまいました。毎年のように通っていたコロナ前の頃には、お皿やらコップやら余分に使わないものまで買い揃え、家の中で若干邪魔者扱いされている陶器までありましたが、ちょうど色々買い替えたいと思っていただけに本当に残念。無念。

さて、そんな益子陶器市。リアル陶器市は中止になりましたが、オンラインで「益子WEB陶器市」を2021年4月29日~5月9日に開催しています。去年の中止の際に立ち上がり今回で3回目のようです。まったく知りませんでした。。

第3回 益子WEB陶器市

拝見したところ、作家さんから探すことができたり、リアルMAPからもお店を探せるようになっているので、一度でも足を運んだことのある方なら十分楽しめるのではないでしょうか。

でも、やっぱり「益子陶器市」の雰囲気が好きなので、現地で焼きそば食べてラムネ飲んで汗だくになりながら掘り出し物を探したいなぁと思ってしまいますね。コロナ終息を願って秋に期待したいところ。最後にそんな過去のリアル陶器市の写真を懐かしんで終わりたいと思います。
※クリックで拡大されます


益子陶器市とは
益子町公式ホームページより引用
1966年(昭和41年)から開催されている益子恒例の行事で、「とちぎのまつり100選」にも選ばれています。例年、春のゴールデンウィークと秋の11月3日前後の年2回開催され、県内はもとより、全国各地から春には約40万人、秋には約20万人の人々が訪れる、町をあげての一大イベントとなっています。売店約50店舗の他、約500のテントが立ち並び、湯呑みや箸置き、お皿、コーヒーカップなどの日用雑器から壷・花器などの美術品まで通常の価格より安い価格で販売されます。また、テントでは、新進作家や窯元の職人さん達と直接、会話を楽しむことができます。その他、地元産の農産物なども販売され、人気を呼んでいます。 


タイトルとURLをコピーしました