カオラック(Khaolak)その魅力に迫る

カオラック|Khao Lakスタッフの小言

みんな大好きタイランド!!今回はプーケット国際空港から北に車で約1時間ほどのところにある「カオラックと周辺の島々」の魅力を、少しだけでもお伝えできればと思います。
※2018年と2019年の写真を使用しています

カオラックは世界中のダイバーが集まるシミラン諸島・スリン諸島の玄関口として人気を集めているスポットです。町自体は小さいですが、レストランやバーなども揃っており何不自由なく過ごせます。

また、リゾートホテルも多いため、プーケットのように街中でワイワイというよりも、ホテル内でゆるりと過ごすには最適な観光地だと言えるでしょう。

カオラックMAP|プーケット@タイランド

※首都バンコクの正式名称は「クルンテープ・マハーナコーン・アモーンラッタナコーシン・マヒンタラーユッタヤー・マハーディロック・ポップ・ノッパラット・ラーチャタニーブリーロム・ウドムラーチャニウェートマハーサターン・アモーンピマーン・アワターンサティット・サッカタッティヤウィサヌカムプラシット」です。覚えましょう(笑)

Advertising

カオラックの魅力に迫る

カオラックへの行き方

まずはカオラックの行き方についてですが、実際には色々な手段があるため、ここはあえていつも私が訪れる時の方法を紹介します。そのため費用面・安全面・効率面など、決してベストではないということを予めご了承ください。

例えばプーケットで2泊・カオラックで4泊など、オリジナルで自分旅行を作る場合は移動手段が肝と言えるでしょう。私はいつも現地でレンタカーを借りてプーケットに数泊してからカオラックに行くことが多いのですが、正直レンタカーが一番便利だと思っています。

※国際運転免許証を忘れずに >> もっと詳しく
※レンタカーは事前に予約しておきましょう
 私はいつもRentalcars.comを利用しています
※エクセルでオリジナル旅程表を作ってみよう

ただし、日本とは交通事情などが異なるため、運転には注意が必要です。費用面を気にせず、また現地で細かい移動をしなければタクシー移動が安全で便利だと思います。とはいえ過去に2回ほどタクシー乗車中に他の車に突っ込まれたことがありますが。。

以下は、羽田発の深夜便(タイ国際航空)に乗った場合の一例です。記載の時刻はタイ時間(時差はタイがマイナス2時間)になります。便の発着時刻・レンタカーでの移動時間は、飛行機の状況や交通事情によって変動しますのであくまで目安として捉えてください。

タイ南部の秘境カオラックに行ってみよう

実際のルートはGoogle Mapで検索すればOK。空港からカオラックまでは道路工事などがおこなわれていない限り渋滞することもないため、約60分~90分程度で到着します。かなりのスピードで飛ばしている車や、日本のように整備されていない箇所もあるため、とにかく安全運転を心がけましょう。

カオラックのビーチ

季節 (私は11月に行くことが多いです) にもよると思うのですが、正直「泳ぎたい!!」と思うビーチはプーケットと比べてしまうと少ないですが、むしろ自然がそのままで整備されていない手付かずのビーチといえるでしょう。ビーチにある食事処やマッサージ屋さんでのんびり過ごすには最適です。

いくつかビーチがありますが、その中でも個人的に「アオトンビーチ(ホワイトサンドビーチ)」がオススメです。他のビーチに比べると手入れされており、海沿いにはレストラン(食事処)もあるので食事をしながらゆっくりできます。ただし、カオラックの中心より距離があるため、レンタカーで移動するか、アオトンビーチ近辺のホテルに宿泊するのがいいと思います。

シュノーケリングツアー

カオラック発着のオプショナルツアー(アクティビティ)はいくつかありますが、今回は代表的な「スリン諸島」「シミラン諸島」のシュノーケリングツアーをご紹介したいと思います。

ツアーの予約は宿泊先のホテルに併設しているツアーカウンターか、町中にあるツアー会社から予約することができます。その場で空き状況を確認してくれるので、前日の予約でも(午後は厳しいのでなるべく昼頃までに)滑り込みセーフできます。

ただし(ツアー会社にもよると思いますが)スリン諸島とシミラン諸島のツアーが、1日おきで開催しているため、両方のツアーに参加したい場合はまとめて予約することをおすすめします。

ツアーの当日はホテルの入口まで迎えに来てくれます。ツアー会社にもよりますが他の参加者をピックアップしながら順番に回るので指定時間を大幅に前後する場合もあります。

スリン諸島(Surin)

国立公園に指定されているスリン諸島はミャンマーとの国境に近い場所にあります。また、島にはモーケン族が住んでおり、彼らが作ったアクセサリーなどを買うことができます。また宿泊施設(Chong Khad Beach / Mai Ngam Beach)もあるので泊まってみたい方は調べてみてはいかがでしょうか。

スリン諸島へは上陸できる期間が10月から5月までと限られていますので、カオラックまで来たもののツアーが無いなんてことがないように訪タイする時期には気をつけましょう。

シミラン諸島(Similan)

スリン諸島同様、国立公園に指定されているシミラン諸島。真っ白い砂浜に水深数十メートルまで見通せる青い海で、ダイバーにも人気のある世界有数のダイバースポットとして有名です。

シミラン諸島も11月から5月とオープンが限定されています。また、スリン諸島と違い環境汚染を最小限にするために宿泊施設はなく個人での入島も認められていません。

カオラックのレストラン&バー

小さな町カオラックではありますが、メイン通りには多くのレストランやバーがずらっと立ち並んでいます。道路には横断歩道がほとんどないため、渡るときには轢かれないように注意しましょう。

お店の前にメニューがあり、魚などの食材が並んでいるお店もあるのでプラプラ歩きながら気になるお店をチョイスしてみては。ちなみにプーケットより特にお酒の価格が安い気がします。ライブがおこなわれているバーも多いので、ぼーっと見ながらお酒を楽しむのもいいですね。
現在のタイバーツは?Yahooファイナンス

一番賑やかなエリア↓
夜になるとバンドの音がぶつかりまくってます。笑
とはいえプーケットに比べると物凄く静かです。

カオラックに市場はあるの?

カオラックにも市場はあります。中心街から少し離れますがBang Niang Market(バーンニアン市場)が行きやすいかと思います。主に「生鮮食品」を扱っていますが、敷地が広く「洋服」やちょっとした「お土産物」まで購入でき、地元の方や観光客で賑わっています。
Bang Niang Market|バーンニアン市場

カオラックには日本のような駐車場という概念がおそらくないため(笑)車で行く場合には路駐になるかと思います。市場のような場所は人と車の往来が激しいので、運転には十分に注意しましょう。

カオラックのおすすめのホテルは?

カオラックの定宿「ザ リーフ オン ザ サンズ バイ カタタニ」しか宿泊したことがないため、その他のホテルのご紹介ができないのですが、GoogleMapやホテル予約サイトで見てみると、リゾートホテルが広範囲にわたり建ち並んでいるため正直悩んでしまうと思います。
↓定宿「ザ リーフ オン ザ サンズ バイ カタタニ

いつかは泊まってみたいラグジュアリーホテルを一つだけ。「The Sarojin(ザ サロジン)」場所はアオトンビーチの近く。公式ホームページより写真を拝借させていただきますが、とにかくオシャレ…
The Sarojin|ザ サロジン 公式ホームページ

その他のタイランド記事

以上、魅力あふれる大好きな「カオラック」についてまとめてみました。その他にも、タイの市場やお買い物スポットで見つけた「アジアン家具」や、タイで見つけた「バー」「酒場」をご紹介しています。気になる方は以下の記事も是非ご覧ください。

飛行機・ホテルを予約しよう!

エアーやホテルは今や自分で直接予約する時代。ツアーで決められたホテルに泊まるよりも、自分の行動範囲にあわせたホテルを予約することで時間もグレードも満足できるはず!?

agoda|アゴダ
【最安値保証】国内・海外宿泊を簡単に予約。日本語カスタマーサポート・24時間年中無休サポート。わたしも個人的に一番よく使っている予約サイトです。

エクスペディア
ホテルやコンド・民泊等の宿泊施設や航空券の予約はもちろん、これらを組み合わせて自分にピッタリの旅行プランをつくることも可能!航空券とホテルの同時予約でさらに割引。

エアトリ
最安値保証!世界4500都市・約3万軒のホテルから予算に合わせて検索!空席検索から即時予約まで急の旅行にも強い味方。「自分の旅は、自分で創る」自在に旅を楽しみたいあなたを応援!

ホテルズコンバインド
100以上の世界主要予約サイトの料金を一括比較してくれるので簡単に宿泊最安値が見つかります。Booking Holdings Inc の一員でもあります。

もっと充実した旅行に!

今やネット環境があれば現地でもインターネットで情報を集めることもできますし、翻訳機があれば(最低限は)言葉の壁も乗り越えられます。本当に便利な時代になりましたね。

イモトのWIFI
特別割引が充実。世界200以上の国と地域をカバーしていて、4G/LTE回線で速い。日本人スタッフによる365日、24時間のサポートで安心。※容量要注意(500MB/日~無制限)

POCKETALK
相手の国の言葉を知らなくても対話ができる小さな通訳デバイス。高い翻訳精度で語学学習にも使えます。3,000以上の企業でも採用されているので安心ですね。

タイトルとURLをコピーしました